活動報告

2016.05.24

平成28年通常総会 開催報告

平成28年 NPO法人1億人元気運動協会 通常総会
平成28年5月22日(日) 大阪産業創造館(大阪市内)

1年の事業・決算の報告を行う通常総会を、今年も大阪市内にて開催しました。
当日は初夏のように気温が上がり、晴れやかな日となりました。
11時に通常総会を開会し、竹尾吉枝会長より平成27年度の事業内容の報告がありました。
運動の研究及び開発事業として、昨年9月に和歌山県にて開催された日本体力医学会でポスター発表しました「チェアエクササイズによる姿勢改善・運動機能向上をねらいとした運動プログラムの検討~自主型地域健康エクササイズDVDを用いて~」についてを、実際に学会で掲示したポスターとともにご紹介しました。実際のポスターはコチラ
続いて決算報告、次年度事業計画、次年度予算案、役員再任とすべての議案において、無事承認をいただくことができました。
最後に竹尾会長より、当会会員の立ち位置と役割についてのお話しがありました。運動を教えるだけでなく、「エンパワー:人びとに夢や希望を与え、勇気づけ、人が本来持っている生きる力を湧き出させる影響力」を持つ役割であると認識すること。チェアエクササイズをコミュニケーションのツールとして活用し、参加者一人一人が〝人生の主人公”となれるよう「互助」することが、私たちの仕事であること。
これらのキーワードをしっかりと記憶し、今、私たちに求められていることを行動へと移していく時であると強く感じました。


12時からは、会員を代表して認定チェアエクササイズ・インストラクターの中西かおりさんに、『~チェアエクササイズで支える~地域支援事業の「自助」と「互助」』と題し、同認定を取得するまでの経緯と取得後の活動についてを発表していただきました。地域包括支援センターの運動指導者として、地域の介護予防事業の拡大と定着に尽力されています。竹尾会長のお話しにあった通り、地域の高齢者の自助を高め、互助へと導く役割を担っておられ、着実に実現へと進んでいます。たくさんのチェアエクササイズをする人々の笑顔が写真で紹介され、感動し胸が熱くなる発表でした。中西さん、素晴らしい発表をありがとうございました。

午後からはワークショップ『心とからだがポカポカする~健康づくりファシリテーター入門講座』を開催しました。
講師に河北純子先生(株式会社ひとまち)を招聘し、健康教室や介護予防教室の現場で、参加者のやる気を引き出し、自ら取り組む意識を高める手法をご紹介いただきました。ファシリテーターの役割についてを学び、ミニホワイトボードを使ったコミュニケーション方法を実際に体験しました。集団を対象とするときも、ホワイトボードに書くことで意見や感想を公平に聞くことができるのには目からウロコです。書いたことを元に参加者同士が話し合うことで、更にコミュニケーションが育まれる様子もよく理解ができました。河北先生の言葉の選び方や話し方にも、参加者の自主性を高める工夫が随所にあり、とても興味深い講座となりました。当会会報誌「E.E.O.A.Topics」にも春号からの連載にご寄稿いただいています。引き続き、ファシリテーションについてを勉強することができますので、次号以降もとても楽しみです。河北先生、有意義なご講義をありがとうございました。


今年も会員の皆さまへ、無事に1年の報告をすることができました。会員の皆さまにお会いし、皆様のエンパワーを感じた1日でした。引き続き、当会らしく着実な活動を進めて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠最新レポート

カレンダー

«5月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ