活動報告

2015.05.26

「平成27年通常総会」開催報告

平成27年通常総会
日時:平成27年5月24日(日)11:00~16:00
会場:大阪産業創造館 会議室E

10回目の開催となった平成27年の通常総会が無事終了しました。
まずは、11時より通常総会では次の議案の決議を行いました。
1.平成26年度事業報告
2.平成26年度決算報告
3.平成27年度事業計画
4.平成27年度予算計画
全ての議案について、満場一致で承認をいただきました。誠にありがとうございました。
1年間に行った事業内容をご報告することは協会全体の振り返りであり、次の年度の目標を明確にする良い機会です。
この総会を機に、1年間を意味のある年にし、来年の総会では実りあるご報告ができるよう、スタッフ一同努力して参ります。

最後に竹尾会長よりご挨拶として、厚生労働省からの資料を元に、これからの協会や会員の皆様の役割に
ついてが述べられました。
「運動のための運動を教えるのでは役目を果たしていない」ことを再認識し、現代の高齢者に対して何を
伝えるべきかを考える機会となりました。

通常総会には38名ご参加いただきました。お忙しい中ご出席を賜り、誠にありがとうございました。

12:10~12:55
事例発表「認定取得から、つながり・広がる可能性」
発表者:認定チェアエクササイズ・インストラクター  大池 紀子さん

今年は愛知県在住の大池紀子さんの事例発表でした。
チェアエクササイズの認定取得をきっかけに、自ら積極的に広報活動を行い、今では地域での活動が大きく広がっています。
失敗も多かったということですが、後々にはその失敗が成功へ転じる結果となったこともあったそうです。
怖がらず、まずは思ったことに挑戦し、期限を決めて振り返るとのこと。
認定という強みを最大に活かして活動する大池さんの発表は、会員の皆様にもスタッフにも勇気とヤル気を伝えてくださいました。
大池さん、素敵な発表をありがとうございました!

14:00~16:00
ワークショップ「~正しい歩行の基礎知識~健康長寿のための歩行のポイント」
講師:小幡 太志氏(宝塚医療大学理学療法学科 教授、理学療法士、柔道整復師)


人間が行う最も使用頻度の高い「歩行」動作について、「正常歩行」を区分ごとにわけ、筋や関節がどのような
動きをしているかを詳しく学びました。
普段何気なく行う歩行動作のメカニズム、痛みや疾患のために大きく変化する歩行動作を知ることで、
対象者の歩行の正常・異常を判断するきっかけとなったのではないでしょうか。

ペアワークでは、関節の正常な動きへと誘導するアプローチを実践的に行いました。
各々が誘導するまたは誘導され、実際に変化する動作を体感したことで、運動指導の現場でも異常歩行の
人への動き方の指示やフィードバックに活用していただけると感じました。
これを機に自分の歩行にも意識が高まるワークショップでした。
小幡先生、誠にありがとうございました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。




コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠最新レポート

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ