活動報告

2013.06.18

チェアエクササイズ基本講習in広島(セミナー報告)

チェアエクササイズ基本講習
「チェアエクササイズ4時間セミナー」&「チェアエクササイズ・インストラクター養成講座」で介護予防を極めるin広島
2013年6月22日(土)14:00~18:30 参加人数 39名
2013年6月23日(日)9:30~16:30  参加人数  3名
会場:広島市南区民文化センター(広島県広島市)

広島でのセミナー開催は2年目です。大勢の皆様にご参加をいただき、大変にぎやかな4時間セミナーとなりました。
運動指導者の他に看護師、保健師、柔整・鍼灸師、栄養士、介護職など、医療・介護・福祉関連従事者の方が多く、チェアエクササイズのニーズの高さを感じる会場でした。
運動指導の経験はないが、仕事上、運動を指導しなければならなくなった、という声も聞かれ、現場で活用できる指導法を急いで習得しに来られた方もいらっしゃいました。

チェアエクササイズは椅子座位であっても、日常生活の中で「立ち上がること」を目標としていて、いつまでも自分らしく暮らしていくために必要な動作能力を維持、向上を目指す運動です。
そんなチェアエクササイズの概要と基礎理論の時間は、皆さん大きくうなづきながらメモをとり、熱心に講義に聞き入っておられました。ただお遊戯的にしか感じていなかった座位での運動が、ここまで体系化された指導法があり、集団指導でも個別性を重視したものであると、初めてご理解いただけたようでした。

チェアエクササイズのセミナーには、「すでにチェアエクササイズを指導している」という方が多く参加されます。しかし、椅子座位での運動について、高リスクな高齢者・低体力者を対象とする指導法を、この機会にきちんと勉強したかった、とおっしゃいます。そして、このセミナーで、ただ椅子に座って身体を動かしているだけではなく、また決して「エンジョイ=楽しい」だけのものでもないことを学ばれます。きっと、次の日からの運動指導に大きく影響していることと思います!

今回も39名の皆さんが4~5名のグループにわかれて、相談しながらチェアエクササイズの1つのパターンを構成する演習を行いました。動きを創り出す方法から、安全を配慮した構成、楽しさを演出する指導法をグループ毎に体験していただき、色々なチェアエクササイズが誕生しました。是非、現場での指導に役立ていただければと思います。そして、参加者・利用者の方々に喜んでいただければ幸いです。

2日目のインストラクター養成講座は、今回は3名と少人数でしたが、その分じっくりとチェアエクササイズの指導法を練習することができ、大変内容の濃い1日となりました。最後には筆記試験・実技試験が控えていただけに、3名の方には緊張の1日となったことと思いますが、たくさん練習し、修正し、実演したことで、きっとこの1日は“血となり肉となっている”ことでしょう!
最後までやり遂げ、力を出し切った3名の方に、心より敬意を表します。本当にお疲れ様でした!!!


会場設営・撤収をお手伝いいただきました、認定インストラクターの合原さんに御礼申し上げます。ありがとうございました!
セミナー後は広島名物を堪能し(笑)、帰路につきました。
次は9月21日(土)に同会場にて「サーキットチェア・インストラクター養成講座」を開催します。是非お誘いあわせの上、ご参加ください。お待ちしています!!!!

報告者:草山

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠最新レポート

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ