活動報告

2020.02.21

【フォーラム報告】高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in東京」

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in東京」
2月16日(日)スクエア荏原 

今年は例年より約1か月早い開催となりましたが、多くの皆様がご参加くださいました。
また、昨年9月に開催した兵庫会場と同じく、クラス3の後には会員限定のクラスを設けました。

講師の先生方には実際の現場(高齢者指導)においてどのように指導・支援していくのか、主役は対象者(高齢者)であることが根本にあったうえでどう実際の日常生活に導いていくのかを120分、各専門分野から惜しみなくご講義・実践をいただきました。
参加者の感想の一部をご紹介します。

(クラス1)チェアエクササイズ®~イスを活用した筋力トレーニング編~
講師:竹尾好惠(NPO法人1億人元気運動協会会長)

(クラス2)~脳と体と心を刺激~コオディネーショントレーニング理論と実際
講師:荒木秀夫(徳島大学名誉教授)

(クラス3)認知機能アップも兼ねた運動プログラムとその実際
講師:藪下典子(アップテンヘルスサポート代表)

・わかりやすく、楽しく笑いながら学べた。
・様々なジャンルの先生方の講座、視点が変わり勉強になります。
・新しいこと、知らないことをたくさん学べました。
・このフォーラムを受けると新しい発見もできるし自分のやっている指導の再確認ができた。
・とても楽しかったです。目・声・表情をもっと使って指導を行いたいと思いました。
・初めて参加させていただきました。講師の先生全ての方に、魅力を感じました。大変勉強になりました。
・いつも盛沢山の内容で、新鮮な発見・学びがあります。貴重な機会です。
・120分の3コマはきついかな~と受講前は心配ですが、いつもあっという間に感じます!!
・サビがとれた気持ちになりました。明日からまた頑張ろうと思います。

「元気kai!」は現場に携わる皆様へ新たな知識・指導技術の習得、再確認だけでなく指導者自身の質の向上、モチベーションを高める目的で開催をしています。
講師の先生方の熱量も高く、参加者の熱量も負けずに高く、その学びの空間が非常に心地よく感じます。

3月8日は福岡会場です。
福岡にご参加される皆様もぜひ、この学びの空間をお楽しみください。
まだまだ申し込み受付中です。
https://www.genki-kyokai.com/topics/2019/205/



報告者:仲宗根涼子

2020.02.09

【竹尾好惠の活動報告】高齢者体力つくり支援士第34期マスター資格講習会

高齢者体力つくり支援士第34期マスター資格講習会

2020年2月8日(土)14:00~17:15
「高齢者のチェアエクササイズ」
主催:(公財)体力つくり指導協会

高齢者体力つくり支援士第34期マスター資格講習会が横浜市日産スタジアム内「横浜市スポーツ医科学センター」で開催され、31名が参加されました。
今回は同じ団体・企業から複数の人が参加されているようでした。
例年より受講生の平均年齢が若く、情報をスポンジのごとく、ぐんぐん吸収されるようでした。最後のドリルワークも活気があり、今後の活動の場が期待できます。
本講習会は、日本を代表する講師陣の講習が一度に受講できます。高齢者の運動指導者として活動される人は、ぜひお勧めしたい講習会の1つです。必ずや高齢者運動指導の礎となる内容です。今後の講習会予定は、以下の通りです。
写真は、私の講座の様子です。


体力つくり指導協会HP
http://www.sien.gr.jp/

2020.01.28

【セミナー報告】チェアエクササイズ®・ベーシックインストラクター養成講座in東京

【セミナー報告】チェアエクササイズ®・ベーシックインストラクター養成講座in兵庫

チェアエクササイ®・ベーシックインストラクター養成講座in東京
2020年1月26日(日)11:00~18:00 BumB東京スポーツ文化館

朝から激しく雨が降る東京でしたが、講座前には空模様も落ち着き、無事ご参加の皆様が会場へ到着されました。
今回は参加者4名とアットホームな講座となりました。
しかし、北海道や長野と遠方からお越しいただき、大変光栄でした。

サーキットチェア®の教材を活用する介護予防の指導方法を6時間をかけてお伝えしました。
前半は基礎理論と実際のサーキットチェア体験です。
今回はまだ指導経験がない、または少ない方が多かったので、丁寧に各パートの解説を入れながら
実技を体験していただきました。
後半は実際の指導法として、指導する手順や指示の出し方、安全を考慮した指導の仕方を何度も演習しました。
慣れない動き、慣れない言葉がけに「難しい・・・」との声もあがりましたが、皆さん熱心に練習され、
繰り返すごとにどんどん指示のタイミングや動き方が変わってくるのがわかりました。


本講座では具体的な指導法を何度も練習しますので、次の日からでも現場で指導していただけます。
しかし、すぐに完ぺきにできるわけではありません。
これから何度も指導し、失敗と成功を経験しながら、反省したり工夫したりと指導経験を重ねて行って
いただきたいと思います。

ご参加いただきました皆様、長時間お疲れ様でした!
またお会いできますことを楽しみにしています。ありがとうございました!!!

報告者:草山

2019.11.18

【セミナー報告】チェアエクササイズ®・ベーシックインストラクター養成講座in兵庫

チェアエクササイズ⒭・ベーシックインストラクター養成講座in兵庫
2019年11月17日(日)11:00~18:00 神戸市立中央体育館

セミナーは13名の皆様にお集まりいただき開催しました。
年齢、職業、在住地域も様々で講師も含めた出席者双方に刺激を受ける時間となりました。

昼休憩までの講師による基礎理論講義とサーキットチェアをベースとした実技体験では必要な個所はメモをおり、エクササイズ体験も熱心に受けて下さいました。
セミナー後半は、受講者によるペアまたはグループワークを展開しました。

紙面上では理解しても、実際声にだして指導を展開することは容易ではありませんが、養成講座という練習の場であること、まずはやってみましょうを合言葉に進めていきました。
指導に対しての経験値はそれぞれに違いましたが、練習を重ねるにしたがって必要な声掛けやデモストレーションもどんどんと良くなってきました。

このセミナーをきっかけに、高齢者の健康長寿へ導く具体的な手段を習得いただけたなら幸いです。
また、現場報告をお聞かせいただけることを楽しみにしています!

報告者:仲宗根涼子

2019.11.15

【竹尾好惠のメッセージ】

高齢になると「きょうようがあること」が大事です。きょうようは、教養のことではありません。「今日、用(きょう、よう)がある」と、社会に参加することが大事なのです。
そこで1億人元気運動協会は、 “スゴイ手ぬぐい”を制作しました。手ぬぐいには、チェアエクササイズ骨ばん背ぼね体操がプリントされています。手ぬぐいにプリントされている4つの体操は、カンタンでいつでも誰でもできます。この体操をきっかけに集まる用事をつくってもらうのです。

このアイディアをMakuake(マクアケ)クラウドファンディングに、“高齢者の生きがいづくりを支える~スゴイ手ぬぐい体操”のテーマでエントリーしました。
クラウドファンディングをご存じですか?インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみです。

高齢になり、たとえ身体に不自由があっても「私は健康です」と言える人は生きがいがある人だと感じています。誰しもが老化し身体機能は低下しますが、精神の向上はいつまでも図れます。

本協会が提案する手ぬぐいで、高齢者の社会参加を促し、精神の充実につなげたい。高齢者が高齢者を互いに支えあう社会をつくる。そのきっかけを手ぬぐいがつくるのです。
体操は多少、間違っていても不格好でも構わない。高齢者の集会や子や孫が祖父母とともになどと、コミュニケーションのツールにチェアエクササイズを役立てて欲しい。
運動を一方通行に教えて終わりではなく、超高齢社会を支える一般の人達を増やし、いつまでも生きがいを持って、自分らしく過ごせる社会を創生したいと考えています。

以上の手ぬぐいに関するプロジェクトは、本協会が9月よりキックオフした「29CP(ふきゅーしーぴー)」の活動の1つです。「29CP」については、今後のメールメッセージで詳しくご紹介します。

Makuakeクラウドファンディングは、11月28日よりスタートします。本協会ホームページからもアクセスしていただけます。手ぬぐいを教室のツールに、またお友達やご両親にいかがでしょうか?皆様のご支援を心よりお待ちしています。何卒、よろしくお願いします。
https://www.makuake.com/

  1 / 38  次のページへ

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ