Active 認定サーキットチェア・インストラクター 依田 緩奈さん from長野

このページは1億人元気運動協会認定インストラクターの現場での活躍をレポートしています。

今回は長野県でサーキットチェアを指導されている依田緩奈さんをご紹介します。

心機一転、カナダへ留学!

小さいころから大学まで陸上競技をやっていました。ずっと陸上ばかりやっていた私は社会に出てみて自分は本当に世間知らずだと思い知りました。社会に出て働くことで、自分がまた少し成長した気がします。就職して3年目になったとき、本当に自分は何がしたいのかと考えました。今まで走ることだけに夢中でそういうことを考えたことがなかったからです。もちろんこの仕事は好きでしたが、今出来ることをやりたい、もっといろんなことを知りたい、もっと違ういろんな考え方に触れたいと思い、カナダに1年間、留学を決意しました。
両親と兄が以前アメリカに住んでいたこともあり、小さいころから海外に行きたいという思いもあったからです。

        

海外でボランティアを行うために必要な事…

カナダで日本語教師アシスタントのボランティアを3ヶ月間secondary school〔セカンダリースクール〕でやっていました。セカンダリースクールとは日本で言う中学校高校をひとつにしたものです。
カナダに来たときからsenior center(高齢者施設)のボランティア先を探していましたが上手く見つからず、日本語教師アシスタントのボランティア先の先生に相談すると、晴れて紹介していただけることになりました。

カナダは移民の国です。ですから仕事をするためには自身の身分や立場をはっきりさせる事が必要となります。ボランティアするにはcriminal record check(無犯罪証明書)とreference letter(推薦状)が必要でした。子どもや高齢者にかかわるボランティアにはこの2つは必須です。私の場合は公立の学校の先生が推薦してくれたため、すんなりとボランティアできることになりました。自分のResume(履歴書)を提出。そこのVolunteer coordinator(ボランティア コーディネーター)と面接。senior centerではsitfitのクラスが週二回行われているとのことだったので、日本語教師アシスタントが休みの土曜日に週一回行くことになりました。

チェアエクササイズが役立ちました。『Sitfit』クラスの指導開始!

『Sitfit』とは英語のままですが、座ってやるfitnessです。Bandや小さいボールを使用して筋トレや有酸素運動を行います。私がsenior centerで受け持ったクラスは約40分間。そのうち、warm upをやらせていただきました。音楽はかけていますがあんまり合わせるというわけでもなくBGM的な感じでした。参加人数は20名前後。年齢は70歳くらいから。足が悪い人でも車椅子を使う人は少ないのが印象的でした。足が動かせなくても、手だけ動かす参加者もいました。
ここで、役だったのがチェアエクササイズでした。今から、3年前、高齢者体力つくり支援士の講習会でチェアエクササイズに出会い、本当に楽しく、とても興味を持ちました。低体力者も楽しく有酸素運動が出来るところがいいと思い勉強しておいてよかったです。実はチェアエクササイズの指導をした経験が日本ではありませんでした。とても不安でしたが、以前勉強したことを思い出し、やってみました。
私の英語の発音があまりよくないために「言ってることがわからない」とよく言われました。もともとのクラスの責任者が、どのように進めたら良いかを親切に教えてくれましたし、気を楽にしてとよく声をかけてくれ、なんとかのりきることが出来ました。

             

私が行ったカナダのsenior centerには、スポーツトレーナーがいて、筋トレの器具も沢山ありました。イベントやサークルも盛んに行われていて、パーソナルトレーニングも行っている様子。周りも大きな公園があり、いつも朝通ると、沢山の人が、犬の散歩をしていました。私も将来こんな所に住めたらいいなと感じました。
私がお世話になったsenior centerは一階にはレストラン、最上階にはスポーツジムがありそこにはきれいなバルコニーがありました。地域的に高級住宅街だという事もあると思いますが、高級ホテルのような施設でした。

今後の目標は

現在は認定サーキットチェアインストラクターなので、今年は認定チェアエクササイズインストラクターの資格を取りたいと考えています。いま、市のスポーツ施設に所属し、膝が悪かったり、腰が悪かったりいろんな人がきています。いずれ自分のクラスをそこで開いて身体が上手く動かせなくても楽しく運動できるクラスを持ちたいです。他にも現在、公民館で地域の人に運動指導もしています。そこで少しずつ、今私でも指導できる内容の椅子を使った運動を実践していきたいです。
カナダに行った事で、いろんな国の人と出会いました。文化が違えば、考え方がまた違う。それを自然にみんなが受け入れ合っているところが素敵だと思いました。子どもはもちろん、大人も、発想力や作り出す力がすごいと感じました。そして自分の意見をしっかり持つことの大切さを学びました。

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

ページの先頭へ