活動報告

2017.10.11

【「元気kai!2017in兵庫 開催報告】


2017年9月17日(日)10:30~17:35
兵庫県私学会館

台風が日本縦断した3連休の中日に今年の「元気kai!in兵庫」を開催しました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!
スタッフ一同、そして参加者の願いが通じたのかおかげ様で全クラスを無事に終了することができました。
ご参加いただきました皆様、きっとお帰りの際には雨や風の影響を受けて帰路につかれたのではないでしょうか。
今回、申込みをいただき台風の影響で残念ながらご参加いただけなかった皆様、次の機会にぜひお待ちしております!

当日のクラスの様子をご覧ください。
クラス1:チェアエクササイズ®指導法ブラッシュアップ
講師 竹尾好惠会長

クラス2:高齢者のコンディショニング~ピラティスの手法を活用して~
講師 百瀬和子先生

クラス3:ケアリングヨーガ療法~ライフステージに合わせたセルフケア術~
講師 岩田昌美先生


どのクラスも集中するところ、リラックスするところ、講師と参加者が一体となって進行しました。

(参加者の声)
講義と実技がバランスよく取り入れられていてわかりやすかった。
楽しく受講できました。
ためになる学びと仲間に会える貴重な一日♡

など、感想も多く頂戴しました。我々スタッフにとってもこのフォーラムは大切な事業の1つです。顔をみて近況をお聞きできたり、1年ぶりにご挨拶ができたりまた初めましての方には1億人元気運動協会を知っていただく日であったり・・・。
感謝の一日です。

来年3月には東京・福岡でも開催しますので、楽しみにお待ちください。

報告者:仲宗根涼子

2016.03.24

「元気kai!in福岡」報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in福岡」報告
日時:平成28年3月13日(日)10:15~17:30
会場:大野城まどかぴあ(福岡県大野城市)
参加人数:述べ161名

少し肌寒い日となりましたが、九州全域、そして関西・中国地方からも高齢者指導に関わる皆様にご参加いただきました。
福岡会場は3クラスの実施です。ほとんどの方がすべてのクラスに参加され一日充実した学ぶ日となりました。
【クラス1】介護予防効果を高めるチェアエクササイズ®指導法のポイント
講師:竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会会長
 
 

【クラス2】“デュアルタスク能力”に着目した転倒予防の実際~100歳まで転ばない!~
講師:山田実 筑波大学大学院人間総合科学研究所准教授
 
 

【クラス3】高齢者を笑顔・元気にする~レクリエーション支援の方法と実際~
講師:佐藤靖典 NPO法人福岡県レクリエーション協会専務理事・学習センター長
 
 

佐藤靖典先生にも“ええねんプロジェクト”にご参加いただきました!


~ほこりスペース~福岡会場でも好評をいただきました♪脳や体をしっかり休め、次のクラスに集中しました。
 


福岡会場では認定インストラクターの方5名が設営準備のお手伝いをしてくださいました!
早朝よりありがとうございました。


福岡会場をもって、27年度の「元気kai!」は終了しました。
9月の兵庫、2月の東京と多くの皆様にご参加いただきまた無事に終えることができましたこと感謝申し上げます。
事務局は来年度に向け、また新たな企画の準備に入りました。
これからも1億人元気運動協会らしいフォーラムを皆様にご案内していきたいと思います。
1億人元気運動協会facebookには各クラスの写真や動画もアップしていますので合わせてご覧ください。
1億人元気運動協会facebook

報告者:仲宗根涼子

2016.02.25

「元気kai!in東京」報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in東京」報告
日時:平成28年2月21日(日)10:00~18:40
会場:スクエア荏原(東京都品川区)
参加人数:述べ280名

今年の東京会場も北は北海道、南は鹿児島県よりご参加いただきました。ありがとうございます。
昨年9月の兵庫会場と同講座のラインナップですが、東京会場でも多くの学びがあったことを実感しています。
当日の写真をご覧ください!
【クラス1】介護予防効果を高めるチェアエクササイズ®指導法のポイント
講師:竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会会長




【クラス2】高齢者の“レクリエーション”~元気づくり支援方法の実際~
講師:高尾都茂子 アクティブライフ研究所所長




【クラス3】“デュアルタスク能力”に着目した転倒予防の実際~100歳まで転ばない!~
講師:山田実 筑波大学大学院人間総合科学研究所准教授




【クラス4】~すべての方に~アクアフラダンス®NEW振り付けvol.13
講師:竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会会長




『ほっこりスペース』でクラス間はリラ~ックス


『ええねんプロジェクト』今年は「ええねんの木」にすてきな「ええねん」を咲かせました!



「今回も大変大きな学びと気づきを得られました。」「今後に活かせるものばかりでした」「楽しみにしていたのでワクワクしました!」
これからも1億人元気運動協会らしいフォーラムを皆様にご案内していきたいと思います。
1億人元気運動協会facebookには各クラスの写真や動画もアップしていますので合わせてご覧ください。
1億人元気運動協会facebook

今年度は残すところ福岡会場のみです。
福岡:3月13日(日)大野城まどかぴあ
今回参加が出来なかった皆様、福岡会場でお待ちしています!

報告者:仲宗根涼子

2015.09.21

「元気kai!2015in兵庫」報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!2015in兵庫」報告
日時:平成27年9月13日(日)10:00~18:40
会場:神戸市立中央体育館(神戸市中央区)
参加人数:述べ350名

今年も全国より多くの方にご参加いただきました。ありがとうございます。当日の写真をご覧ください!
【クラス1】介護予防効果を高めるチェアエクササイズ®指導法のポイント
講師:竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会会長
 
 

【クラス2】高齢者の“レクリエーション”~元気づくり支援方法の実際~
講師:池島明子 大阪体育大学体育学部健康スポーツマネジメント学科健康スポーツコース准教授
 

【クラス3】“デュアルタスク能力”に着目した転倒予防の実際~100歳まで転ばない!~
講師:山田実 筑波大学大学院人間総合科学研究所准教授
 

【クラス4】~すべての方に~アクアフラダンス®NEW振り付けvol.13
講師:竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会会長
 


参加者から、どのクラスも本当に勉強になり明日からの指導に役立てることができます。と大変嬉しいコメントも頂戴しました。
1億人元気運動協会facebookには各クラス動画もアップしていますので合わせてご覧ください。
1億人元気運動協会facebook

東京会場、福岡会場の開催も決定しました。
東京:2月21日(日)スクエア荏原(東京都品川区)
福岡:3月13日(日)大野城まどかぴあ
今回参加が出来なかった皆様、東京・福岡会場でお待ちしています!

事務局:仲宗根涼子

2015.04.09

「元気kai!in東京」報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in東京」報告
日時:平成27年3月22日(日)10:15~17:35
会場:スクエア荏原(東京都品川区)
参加人数:述べ306名

今回の東京会場は北は北海道、南は沖縄と全国から多くの方にご参加いただきました。

【クラス1】
「高齢者が積極的に取り組む~タオルを用いた介護予防運動教室75分の完全網羅~」 
竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会 会長/教育学修士/健康運動指導士

(参加者の声から)
・竹尾先生の、すべてを指示してしまわず参加者に覚えてもらうという点、言い過ぎているなぁと新たな再発見でした。とてもわかりやすかったです。どうもありがとうございました。
・本当にわかりやすく伝えてくれ、運動生理学的なことも、むずかしい面も、細かくわかりやすいです。楽しいだけの運動ではなく、効果を意識した内容や行動変容など幅広く、指導のプロと実感します。




【クラス2】
「“フェイスレジスタンスエクササイズ”~QOLを高める口腔器機能向上の実際~」
芝﨑美幸 フェイシャルレジスタンスインストラクター/健康運動指導士

(参加者の声から)
フェイスレジスタンスエクササイズはクラスに少しずつすぐに取り入れていきたいと考えています。
・口腔器機能と運動器機能、別々なものと思っていましたが同時に鍛えることができるのがわかり良かったです。
・とても勉強になりました。フィードバックして活かしてみたいと思います。長寿社会の現実も改めて考えさせられました。




【クラス3】
「高齢者のための“スロトレ”~無理なく筋肉を増やし、筋力を高める~
石井直方 東京大学大学院総合文化研究科・生命環境科学系 教授

(参加者の声から)
・石井先生の筋肉の最新の知見が聞けて良かったです。納得のデータを自分のクラスの中でお伝えしていきたいと思います。
・スロトレ、石井先生に直々にお会いできて講義が聞けたことは本当に良かったです。




「元気kai!」は参加者と主催者が共により良いフォーラムに創り上げていくスタイルで進行していると感じています。
全体の感想、ご意見として参加者からいただきましたコメントを抜粋します。

・1億人元気運動協会認定の資格を取り、高齢者の方との縁が続いています。大切な人を亡くし寂しい毎日ですが、地元の高齢者が待ち望んで待っていてくださるのでやりがい、生きがいにつながります。原点に戻り今回はたくさん勉強させて頂きました。健康って素晴らしい。
・医療保険、介護保険の国家予算の削減のためには高齢者の健康つくりは我々高齢者には重要な課題です。1億人総元気力アップは若年者の負担を軽減して、夢と希望を持てる社会にしなければならない。
・老々運動指導となりました。この様な素晴らしいセミナーのチャンスを多く頂けると有りがたいです。

クラス開始前の合言葉「げんきか~~い!」には講師の先生を巻き込みつつ、「いえ~い!」と応えて下さる皆さんの温かさを感じます。
「元気kai!」の開催目的は高齢者や低体力者の指導者・支援者の質の向上を図ることです。常に原点を忘れず、目的にかなったフォーラムを企画・運営をしてまいります。
今後の「元気kai!」も楽しみにお待ちください!
そして、今回残念ながら参加できなかった会員の皆様、次回はぜひ会場へ足を運び、この空気感を感じ、ともに向学してきましょう。

最後になりましたが、今回も、後援、協賛、協力いただきました団体・企業各位、そして運営に協力いただきましたサポートスタッフの皆様に御礼申し上げます。

仲宗根涼子

2015.03.20

「元気kai!in福岡」報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in福岡」
日時:平成27年3月15日(日)10:15~17:35
会場:アクシオン福岡(福岡県福岡市)
参加人数:述べ184名

九州各県、そして山口、広島から多くの方にご参加いただきました。

【クラス1】
「高齢者が積極的に取り組む~タオルを用いた介護予防運動教室75分の完全網羅~」 
竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会 会長/教育学修士/健康運動指導士

(参加者の声から)
・タオルを用いた介護予防運動はすぐに高齢者の方々にお伝えできる内容で自分自身、バランス能力低下に
気づかされる内容でした。
・DVDを購入し、もう少し理解を深めたい。
・対象者に幅広く応用できる内容ですぐに実践できそうです。
 

 

【クラス2】
「“フェイスレジスタンスエクササイズ”~QOLを高める口腔器機能向上の実際~」
芝﨑美幸 フェイシャルレジスタンスインストラクター/健康運動指導士

(参加者の声から)
・フェイスレジスタンストレーニングは覚えやすく口腔ケアと運動療法が一度に行えすばらしいと思いました。
介護関係の職場なのですぐに活用します。また自分の家族にも伝えたいと思います。
・日常生活にそのまま取り入れられる内容やこれから必要となるものが多く学ぶもの(得るもの)が多かったです。
 

 

【クラス3】
「高齢者が元気になる!~日常生活動作改善のための“コアコンディショニング”」
竹原亮紀 (株)クリエクト代表取締役/(一財)日本コアコンディショニング協会代表運営委員長

(参加者の声から)
・コアコンディショニングの大切さを再確認しました。
・運動指導の前に、自分の身体のコンディションを整えるたいと意欲が出ました。
 

 

いずれのクラスも、講師の熱意ある講義と参加者の積極的な受講態度であっという間に時間が過ぎる
1日でした。

「充実した1日だった。」
「自立にむけた指導とその人に合った内容の選択も大切だと、今後も心がけていきたいと思いました。」
「元気kai!に来ると、自分も元気になります。」

今回も、設営のサポートをいただきました会員の山村様ありがとうございました!

今週末は東京会場です。
ここでもよい学びの空間になるようにスタッフ一同、皆様を会場にてお待ちしております!
(仲宗根涼子)

2015.01.28

「元気kai!in沖縄」開催報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in沖縄」
日時:平成27年1月25日(日)10:00~17:15
会場:SOLA沖縄学園(沖縄県宜野湾市)
参加人数:述べ52名

沖縄会場は2年に1度開催しています。今回も沖縄県内、石垣島や宮古島からもご参加いただきました。

クラス1 10:00~12:00
“セルフケア”に活用するチェアエクササイズ®指導法
講師:竹尾吉枝
  

 

チェアエクササイズの特徴ある動きについて、実践を交えながら動きの発現機序や言葉(かけ声)と動きの連動性、それを指導するポイントを学び習得するため、ペアワークを中心にクラスが進みました。ぺでは、初対面がほとんどでしたが積極的に意見交換していました。

クラス2 12:45~15:00
高齢者が積極的に取り組む~タオルを用いた介護予防運動75分の完全網羅~
講師:竹尾吉枝 
  


135分の中で多種多様な介護予防運動の具体的なプログラム紹介がありました。大きくうなづき、メモを取る参加者の姿が印象的でした。

クラス3 15:15~17:15
イス1つで“簡単・楽しい・短時間”のエクササイズ~サーキットチェア®の実際~
講師:仲宗根涼子
  


チェアエクササイズを基礎とした応用的指導法である「サーキットチェア」について全体像から、サーキットチェアを用いた指導展開方法をご紹介しました。

参加者からは全体の感想として「中身が濃い」「具体的でわかりやすかった」「知らないことを新しく知ることができた」「自分のスキルアップになりました」「現場に活かせそう」などとコメントをいただくことができました。

2年前に沖縄に訪れた時よりも高齢者福祉施設が多くなっているように感じます。また、皆さんとの会話の中でも介護予防の必要性がひしひしと伝わってきました。今回の、フォーラムが皆さんの指導・支援の一助になるよう願っています。
ご参加いただきました、皆様ありがとうございました!

こぼれ話・・・
天候には沖縄らしい晴天に恵まれましたが、会場が広くまた室内であったので少し肌寒く感じる環境でした。
私は元来、寒がりですのでポケットにはカイロを忍ばせていました(>_<)。竹尾会長も講座時のユニフォームは半そでを準備していたものの、急きょ長袖を着用しての担当です。沖縄の方が「今日は寒い」とおっしゃっていたので、寒かったのだと思います。しかし、せっかくの沖縄滞在、夜はジーマーミ豆腐・豆腐よう・もずくの天ぷら…しっかりと堪能しました♪
帰りに到着した神戸空港からはなんと、車で道に迷うハプニングも!!竹尾会長と2人、別の大汗をかいた夜でした。

報告者:仲宗根涼子

続きを読む

2014.09.24

「元気kai!in兵庫」報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in兵庫」
日時:平成26年9月21日(日)10:00~18:40
会場:神戸市立中央体育館(兵庫県神戸市)
参加人数:述べ305名

8月の初の北海道開催から約1か月、地元関西の「元気kai!」がお陰様をもちまして無事終了することができました!
毎年この「元気kai!」を楽しみにしてくださっている方、初めてご参加いただく方にも参加した後は現場指導に役立つ内容を
学び、モチベーション高く、新たな気持ちでそれぞれの現場へ持ち帰っていただけるフォーラムであったならば幸いです!
各クラスの様子をご覧ください。
【クラス1】
「高齢者が積極的に取り組む~タオルを用いた介護予防運動教室75分の完全網羅~」 
竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会 会長/教育学修士/健康運動指導士

いよいよ「元気kai!」の始まりです!
「元気kai!」の時期が近付くと、スタッフは緊張感に包まれます(笑)。なぜかというと・・・竹尾先生の「生み」の苦しみを肌で感じるからなのです。「草ポン(草山)、涼子ちゃん(仲宗根)」と電話の向こうの声のトーンでその時期が来たことを確信するのです・・・。「使命感をもって臨む竹尾先生の姿勢を感じ取りつつ、ぜひ多くの学びをお持ち帰りください!」そんな気持ちでスタッフは皆様をお出迎えします。
タオル1つで、姿勢が変わる。エクササイズの根拠や関節へ余計な負荷をかけずに動くコツや方法を動作だけでなく言葉で伝えることの大切さを教示いただきました。
  
  

【クラス2】
“フェイスレジスタンスエクササイズ”~QOLを高める口腔器機能向上の実際~
芝﨑 美幸 フェイシャルレジスタンスエクササイズインストラクター/健康運動指導士

書籍「介護予防フィットネス」や当協会会報誌でも口腔機能の大切さをわかりやすく、実践的に教えていただいている芝﨑先生。我々がかかわる対象者にとって口腔機能の維持・向上はかかせないことです。今回、満を持して招へいしました!ご自身の体験を元に口腔機能について研究をはじめられたエピソードや実際に参加者が口腔機能向上を行うと心身の変化がどのように表れるのかデータを元に、説明いただきました。先生の講義を一言で表すならば「わかりやすい!」です。知識を持っている方もこれから学んでいこうと思われる方にも納得のいくご講義でした。実技ではみな鏡を見ながら、真剣です。実際にすぐに現場で活用できる内容が盛りだくさんでした。
  
  

【クラス3】
~ムリせず、あせらず、ゆっくりと~生涯できる!高齢者のための筋力トレーニング
宮畑 豊 トレーニングセンターサンプレイ代表/三郷市シルバー元気塾塾長

有名アスリートやまた俳優から地域のおじいちゃん、おばあちゃんにまで「筋力トレーニング」を行う意義や効果を提唱し続ける宮畑先生。講座タイトルにもあるムリなく、あせらずゆっくりと生涯できるトレーニングは1億人元気運動協会が目指す生涯現役・生涯健康の支援と共鳴します。歌手という別の顔もあるマルチな先生です。講座は、体験に基づき座位、立位での様々なトレーニング方法をご教示いただきました。
久しぶりにトレーニングをされた方は、筋肉痛になっているのではないでしょうか?今回学ばれたトレーニング種目は、指導される皆様が現場参加者に合わせて実践を行ってください。
  
  

【クラス4】
~すべての方に~アクアフラダンス® NEW振り付けVol.12
竹尾吉枝 NPO法人1億人元気運動協会 会長/教育学修士/健康運動指導士

地元関西の「元気kai!」はこのクラスがなくては終わらない!
このクラスのファンもいるのです。参加者もスタッフもそして講師であり1億人元気運動協会会長の竹尾吉枝までも笑顔が絶えず、懐かしいような、それでいて刺激のあるとても心地よい60分です。「アロ~~ハ~~~~~!」の挨拶で始まるアクアフラダンス。今回は懐かしい日本のポップスで振り付けが披露されました。「今回、初めて参加しますが、できますか?」と不安の言葉をおっしゃっていた方も気づけば笑顔いっぱい。演習を何度も行うので、最後にはほとんどの参加者が歌を口ずさみながら1曲完成していました!
  
  

今回は、休憩スペース通称「ほっこりスペース」を設けました!ほっこりしていただけましたか?
  

今年は、いつもの「げんきか~~~い!」の合言葉を忘れる・・・・といったハプニングからスタートしましたが、皆さんの真剣な眼差しと学ぼうとされる姿勢にこの次はさらによい「元気kai!」を目指そうとこころに誓ったスタッフです。
ご参加ありがとうございました!

報告者:仲宗根涼子

2014.08.18

「元気kai!in北海道」報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム「元気kai!in北海道」
日時:平成26年8月17日(日)10:00~17:05
会場:札幌市教育文化会館
参加人数:述べ100名

祝!!初北海道「元気kai!」
帰省ラッシュのど真ん中、お盆明けの日曜日にも関わらず、北海道の各地より多くの方にご参加いただきました。飛行機やバス、自家用車を使って何時間もかけて会場にお越しいただき、ご参加いただいた皆様がいらっしゃったこと本当に嬉しく思います。
その多くが運動指導者であり、他には管理栄養士、栄養士、保健師、看護師、理学療法士の方が参加されました。
「元気kai!」の合言葉である「げんきか~~い!」「イエ~~イ」も、これまでの会場に負けない元気良さで応えていただきました。

各クラスの様子です。
クラス1:簡単!ロコモ予防体操~体のしくみを知って痛みを解消~ (一社)ケア・ウォーキング普及会代表理事 黒田恵美子先生
運動器を健康に保つ大切さや痛みを予防する秘訣をわかりやすく解説いただきました。実技では参加者自身、またペアワークで姿勢や動作を確認し、理解を深めていました。終始なごやかな雰囲気ではあったものの、真剣な眼差しで集中している様子が伝わってきました。
 

 

クラス2:“セルフケア”に活用するチェアエクササイズ®指導法 NPO法人1億人元気運動協会会長 竹尾吉枝
今回、初めて「チェアエクササイズ」を体験された方も多かったと思います。イスの座り方に始まり、チェアエクササイズの代表的な動作を1つずつ解説しながら、ペアでその動きを確認する。互いの動きを確認することは、普段はなかなかできないことなので、参加者同士、とてもよい緊張感をもって実技に取り組まれていました。また、指導法では自分が現場指導に立ったときに、どのように相手に伝えるか、その方法も様々な角度からアプローチする方法の紹介がありました。クラスの最後には「サーキットチェア」の新しい振り付けを紹介があり、音楽に合わせて行うチェアエクササイズを講師、参加者一体となって実践しました。
 

 

クラス3:いたまず、健康で、うつくしく~黒田流ケア・ウォーキング®~ (一社)ケア・ウォーキング普及会代表理事 黒田恵美子先生
クラス1に引き続き、黒田先生にご講義いただきました。
ウォーキングはよい運動と理解していても、歩くクセがあったり体に負担のかかる歩き方をしている人が少なくないと実際のクセのある歩き方を披露しながら、講義は進みました。イメージしやすい指示だし、とてもシンプルな声かけでたちまち「ウォーキング」が変わってしまう。そのような実技を参加者は体験実習しました。「目からウロコでした」「すぐに活用します」と感想もいただきました。8月の北海道は、すがすがしく気持ちのよい気候です。ぜひ、このケア・ウォーキングを参加者自身、そしてそれぞれの現場の対象者の方と実践してほしいと思います。
 

 

今回、初北海道だけに、スタッフは普段以上の緊張感を持って当日を迎えました。その不安と期待が入り混じる気持ちは、皆さんの積極的な参加姿勢に一瞬にして吹き飛びました!
「勉強になりました」「活用します」「また北海道に!」と嬉しいコメントもいただき、ありがとうございます。また、最後の片づけには、ほとんどの参加者が手伝ってくださり、これまた感謝の気持ちでいっぱいです。今後の企画もお楽しみにお待ちください!

設営から、撤収までサポートしていただきました北海道在住会員のTさん、Sさん、ありがとうございました!

左から草山、 Tさん、Sさん、仲宗根です。







2014.03.25

「元気kai!in福岡」報告

「元気kai!in福岡」報告
高齢者・低体力者の運動指導者フォーラム
~健康長寿につながる運動指導法~
「元気kai!福岡」

2014年3月16日(日)10:30~17:35
会場:アクシオン福岡(福岡県福岡市)

福岡会場は参加者述べ168名の方にご参加いただきました。

クラス1:“セルフケア”に活用するチェアエクササイズ指導法
NPO法人1億人元気運動協会 会長 竹尾吉枝

前半の講義では、チェアエクササイズで「セルフケア」につなげる方法やキーワードを熱心にメモをする姿、また後半の実技ではチェアエクササイズの動きを観察するポイントを参加者一人ひとりが真剣に学ぶ姿勢を感じることができました。
  

クラス2:高齢者の健康と自立維持のためのバランス運動
鹿屋体育大学スポーツ生命科学系教授 竹島伸生

バランス運動の各研究データに基づいた理論と実践は、現場で指導する私たちにとって対象者に本当に必要なことを取捨選択しながら
また工夫しながら高齢者に関わることの大切をご講義いただきました。
  

クラス3
“ゆる体操”の実際~ココロもカラダも気持ちよく快適に~
NPO法人日本ゆる協会公認ゆる体操正指導員中級2stGrade 小野勝之
ゆる体操専門指導員 佐澤亨

実践が多く参加型の内容で、実際に参加者自身のカラダがだんだんと緩んでいき、カラダだけでなく表情も非常にリラックスしてくるご講義でした。
  



参加者からは
「すべてのクラスでたくさん習得するものがあり満足でした」
「とてもわかりやすく、迷いながら指導していたことも解決に導いてくださったように思います。いつも原点に立ち返ることができる元気kai!です」
等、感想をいただきました。

「元気kai!」は1億人元気運動協会にとっても大切なフォーラムです。
高齢者に関わる現場の皆さんにとって、役立ち、すぐに活用できる講座を今後も企画してまいります。

サポートいただきました、山村さん、ありがとうございました!
1億人元気運動協会設立10周年企画“○○なばあちゃんがええねん”・・・
山村さんの「よかよか!そのままでよかばい!」 ええ言葉ありがとうございました!


報告者 仲宗根涼子

2014.03.11

「元気kai!in東京」報告

高齢者・低体力者の運動指導者フォーラム
~健康長寿につながる運動指導法~
「元気kai!東京」

2014年3月9日(日)10:30~17:35
会場:スクエア荏原(東京都品川区)

参加者述べ256名と今年も、多くの方にご参加いただきました。
各クラスを受講された参加者のコメントをご紹介します。

クラス1:“セルフケア”に活用するチェアエクササイズR指導法
NPO法人1億人元気運動協会 会長 竹尾吉枝

「自分の動きをフィードバックしてもらったおかけで、自分のできていない点がわかり良かったです。思い込みで行っている点があり見直すきっかけになりました。」
「作用・反作用の動き、今まで動かす方だけに意識を向けていたので支える側も利用する体の使い方は大変勉強になりました」
「理論・実践の中でしっかりと理解でき、とても明日からすぐにでもやってみたいと思います」

講座の前半は「セルフケア」についてその考え方や指導者・支援者の立ち位置について講義があり、
後半は実際のチェアエクササイズの基本的な動きを用いて動き方、そのコツ、日常生活動作へのつながりをペアワークで実践と展開されました。
  

  

クラス2:高齢者が納得する“姿勢づくり”~正しい姿勢を導く指導法~
NATA公認アスレティックトレーナー 杉山ちなみ

「日常生活に必要な筋力や姿勢づくりの方法がわかった」
「なぜそのトレーニングをするのか、理解しやすく実技では体にも反応を感じました」
「個人差のある高齢者への指導のコツのヒントをいただきました」

姿勢が体の動きに及ぼす影響を、理論的にまた高齢者の特徴を交えての講義があり、身近にある「フェイスタオル」を利用した
トレーニング方法を紹介いただきました。
  



クラス3
“ゆる体操”の実際~ココロもカラダも気持ちよく快適に~
NPO法人日本ゆる協会公認ゆる体操正指導員中級1stGrade 河乃裕季
ゆる体操専門指導員 佐澤亨

「ゆる体操で肩こりが解消できました」
「本当に体がゆるんだように思います」
「カラダがほぐれました」

動きにあった言葉を自分の身体に言い聞かせながらすすめていく「ゆる体操」の中から、立位姿勢、臥位姿勢、
椅子座位姿勢と様々なパターンで紹介いただきました。
  




毎年「元気kai!」を楽しみにしてくださっている方、また初めて参加いただいた方も、最後まで集中力を切らすことなく積極的にご参加いただきました。
来年も、またやってきます!
すぐに活用できる選りすぐりの内容をお届けしますので、楽しみにお待ちください。

福岡会場をお申し込みの皆様。
16日までお待ちください。充実した1日になるよう、精いっぱい準備して臨みます。

よろしくお願いします!

東京会場でサポートいただきました会員の高橋さん、柴田さん、小林さん強力なサポートをありがとうございました!

仲宗根涼子

2013.09.14

元気kai!2013in兵庫 報告

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム
「元気kai!2013」
~健康長寿につながる運動指導法~

日時:2013年9月8日(日)
場所:神戸市立中央体育館(兵庫県神戸市)
参加者数:述べ286名

今年の関西での「元気kai!」は大阪から兵庫へ会場が変わりましたが、
これまで同様、多くの方々にご参加いただきました。

早速、各クラスの様子をご覧ください。
クラス1
“セルフケア”に活用するチェアエクササイズ®指導法
NPO法人1億人元気運動協会 会長 竹尾吉枝

参加者 90名

今年は、「チェアエクササイズ®」の代表的な動作とセルフケアの関係について
講義と実技が展開されました。

実技では、ペアワークでチェアエクササイズの動作を互いにチェックする
時間がありました。お互いに真剣なまなざしの中、姿勢や動作についての
意見交換をされていました。
普段、自分の動く姿・姿勢を確認することが少ないのではないでしょうか?
また、自分では正しい動きをしていると思っていても、実は思わぬクセがでていたり
と、発見と確認ができた時間ではなかったでしょうか。

講義では、実際に参加者に伝える技術(フィードバックの方法)にも
段階があり、特に高齢者や運動初心者へ伝える時に気を付けたい項目など
紹介いただきました。

最後には恒例の「サーキットチェア® NEWバージョン」のお披露目がありました。
いつも事前にスタッフ仲宗根・草山は竹尾先生とリハーサルをするのですが、今回も
この振り付けの経緯を知ると、大爆笑の連続で、おそらく本番もスタッフ仲宗根・草山は
不敵な笑みを浮かべていたことと思います。
  

  

クラス2
地域で行う認知症予防~自重筋力トレーニングの実際~
総合能力研究所所長 本山輝幸

参加者 80名

ビシッと決めたスーツと静かな立ち居振る舞いに、実技は無いのでは?
と面食らった参加者も多かったことと思います。
クラスの紹介をさせていただくと間髪入れずに講義が始まりました。

参加者の皆さんは、みるみる内にその講義に引き込まれていきました。
「認知症」の基本的な解説と現場指導から得られた確実な成果を大変わかりやすく
丁寧に講義いただきました。
その予防の理論に基づいた実践では、講義とは一転、惜しみなく先生ご自身の体を
使い、具体的な実施方法を示していただきました。

キーワードは「集中」。参加者の皆さんは体得されたでしょうか?
講座終了前の質問の回答でも、実例に基づいた実践例をご紹介いただきました。

また、最後は参加者にとって忘れられないパフォーマンスを披露してくださいました。
  

  

クラス3
“ゆる体操”の実際~ココロもカラダも気持ちよく快適に~
NPO法人日本ゆる協会公認ゆる体操正指導員中級1stGrade 神田さとみ

参加者 71名

科学的根拠に基づいた、100を超える体操の中からさまざまな「ゆる体操」をご紹介いただきました。
神田先生のはっきとしたまた心地の良い指導に、気持ちも体もほぐれる感覚を
感じた方も多くいらっしゃったと思います。

動きの名称とその体操を行いながら発生する言葉にも理由があり、
それを1つ1つ実践を交え講義いただきました。
終始なごやかな雰囲気の中にも時折まざる先生の“ダジャレ”に
メリハリのあるクラスとなりました。

実際に指導するためには、NPO法人日本ゆる協会公認の指導者となる必要がありますので、
興味を持った、指導してみたい勉強してみたいと思われた方はゆる協会へお問い合わせください!
  

  

クラス4
~すべての方に~アクアフラダンス®NEW振り付けVol.11
NPO法人1億人元気運動協会 会長 竹尾吉枝

参加者 45名

アクアフラダンスまたはフラダンス経験者・未経験者、男女問わず全員
花の飾りを頭や服に身に着け、クラスは始まります。
基本動作の確認から、今回の新しい振り付けの紹介、そして何度も
練習を繰り返します。

できるできないにかかわらず、本当に楽しく皆さんが自然と笑顔になり振り付けを踊り、
スタッフも自然に笑顔になるクラスです。

このクラスを毎年楽しみにしてくださっている参加者もいます。
関西会場「元気kai!」の締めくくりにふさわしいクラスで
あることは間違いありません。
  

  


来年はNPO法人1億人元気運動協会の設立10周年を迎えます。
その企画として
『~自分の理想とするじいちゃん・ばあちゃんは?~
○○なじいちゃん・ばあちゃんがええねん!!』
と題して、皆さんにメッセージと顔写真をいただきました。

「元気kai!」には、高齢者に関わる職業従事者が多くいらっしゃいます。
自分が迎える将来の高齢者像について「こうなりたい」と目標を持って
日々の活動ができるよう、皆さんも考えてみてくださいね。
当協会ホームページでもこの「ええねん」企画のご応募をお待ちしています!
北海道から参加したくださった会員のTさんです。


今回も多くの皆様に協力いただき、無事終了することができました。
早朝よりサポートしていただきました、
薮田さん、下村さん、西垣さん、松澤さん、
そして、終日サポートいただいた大野さん、王さんありがとうございました!

3月には東京・福岡で開催が決定しています。
詳細が決まりましたらお知らせしますので、楽しみお待ちください!

仲宗根涼子

2013.03.23

プチ元気kai!in福岡(フォーラム報告)

高齢者・低体力者の運動指導者フォーラム
「プチ元気kai!in福岡」

2013年3月20日(水・祝)10:30~17:35
会場:大野城まどかぴあ(福岡県大野城市)

述べ184名の方にご参加いただきました。
どのクラスでも、熱心に講義に耳を傾け、実技では意欲的に実践される
受講者が多かったです。各クラスの報告です。


クラス1 10:30~12:30
~電話帳で一石二鳥~持久性と転倒予防トレーニングの同時実践
講師:竹尾吉枝 
参加者:65名

講義の部分では、これまで当たり前だと思っていた事実に疑問を投げかけ
そこから、今回のタイトルに則したデータや理論が展開されました。
実技では、その理論に基づいたプログラムを紹介いただきました。

参加された理学療法士は「電話帳でこのようなプログラムができることを知ったことは、本当に目からウロコでした!」
と感想をおっしゃったいました。
 

 

クラス2 13:15~15:15
高齢者のヤル気を引き出す~体力測定・評価の実際~
講師:藪下典子 
参加者:63名

2012年9月の大阪会場に始まり、東京そして福岡と同じタイトルで講座を担当いただきました。
大阪、東京の講座後に参加者から受けた質問にも福岡では応えるようにご講義をいただきました。
なぜ体力測定を行うのか、誰のための測定かを根底に置きながら
測定方法の実技だけでなく、評価方法についてデータに基づき情報量豊富にわかりやすく、
教示いただきました。

実技ではどの会場でも見られた場面ですが、福岡会場も間違いなく多くの笑顔と
コミュニケーションがあふれていました。
 



クラス3 15:35~17:35
高齢者にも体感できるピラティス~集団指導における正しい姿勢への導き~
講師:竹井伯夫 
参加者:56名

「体の内観を感じる、意識する」ことで、体の部分部分ではなく、全体の動きをイメージし
動きやすくする、日常生活動作に余分な力みを少なくすることのコツを実践を交えながら
教示いただきました。ピラティスは、多くの高齢者にはまだ身近な概念ではない分野ではありますが、
幅広い現場で役立つようわかりやすく、イメージしやすい指示だしを多くご紹介いただきました。

120分の中に、本来ならば多くの日時を費やすプログラムを紹介いただきましたの。

どのクラスも本当に内容が濃く、参加者の中には、120分では少なすぎるといったご意見も頂戴しました。
どの先生もおっしゃっていたのは、「クラスの内容をそのまま実施するのではなく、
皆さん自身の対象者にあうよう、工夫して活用してほしい」ということでした。
 



これからも「元気kai!」はすぐに実践、活用できる内容をご提供したいと思います。
今年度は9月の大阪に始まり、沖縄・東京・福岡と開催しました。
各会場とも、参加者の熱心さがあふれていました。

「やっぱり元気kai!にくると自分が元気をもらって帰れます!」
「本当に楽しみにしています」
「初めての参加でしたが、楽しく実のある内容でした。次回も参加したいと思います」
と感想をいただきました。


多くのご協力をいただきこの元気kai!を企画・運営しています。
この場をお借りし、御礼申し上げます。
また、25年度もより充実した内容でお届けできるよう企画してまいります。


報告者:仲宗根涼子

2013.03.14

プチ元気kai!in東京(フォーラム報告)

高齢者・低体力者の運動指導者フォーラム
「プチ元気kai!in東京」

2013年3月2日(土)10:30~17:35
会場:品川区立総合区民会館 きゅりあん(東京都品川区)

述べ138名の方にご参加いただきました。今回初めての方も、毎年参加してくださる方も、「元気か~~い!」の掛け声とともに、各クラスが始まりました。その様子をご報告します。

クラス1 10:30~12:30
~電話帳で一石二鳥~持久性と転倒予防トレーニングの同時実践
講師:竹尾吉枝 
参加者:49名

身近にある用具や道具を工夫することで手軽に運動ができること、運動は強度調整ができシンプルで楽しいことを実践で体感できるクラスでした。前半の理論の部分では、配布資料と講師の実演を照らし合わせながら熱心に内容を確認する様子が伺えました。
実践を交えた指導演習では単に動きを教えるだけでなく、なぜ、この運動をするのか、指導者自身が自分の言葉で対象者に伝えることができるようにと、教示を受けそれぞれに練習を重ねていました。
  
クラスの途中では、恒例の「サーキットチェア®」の新しい振り付けが紹介され、会場が一体感に包まれました。
  
「現場指導へ多くのヒントをいただきました!」「自分の現場に合うよう工夫して早速実践してみます」などの感想をいただきました。

クラス2 13:15~15:15
高齢者のヤル気を引き出す~体力測定・評価の実際~
講師:藪下典子 
参加者:46名

実際の指導現場で「体力測定」を実施している参加者は多くはなかったですが、「体力」とは?の導入に始まり、その意義や目的を教授いただきました。実際の測定現場の生の声も紹介され、体力測定を普段から行ている方、そうでない方も取り組みやすいクラスの展開をしてくださいました。

測定実習では、「今日は皆さん自身の体力がどれぐらいなのか測定してみましょう」と藪下先生より伝えられた瞬間、闘志に沸き立つ参加者も・・・(笑)。
実習の最中は各グループで各種目を回りました。1つ1つ、測定方法を確認しながら取り組まれていました。熱心な中にも笑顔あり、歓声ありとにぎやかに時間が過ぎました。藪下先生がおっしゃる「体力測定はコミュニケーションの場でもある」に共感された参加者も多かったのではないでしょうか。
  


終盤は、評価方法やフィードバック方法など、具体的な事例とともに紹介いただきました。
「評価についてもっと勉強したい」「様々な測定方法があることがわかった」などの感想をいただきました。

クラス3 15:35~17:35
~カラダの調子を整える~経絡ストレッチの実際(上肢編)
講師:朝日山 一男
参加者:43名

東京会場では2回目の招へいになりますが、今回も120分あっという間に時間が過ぎていく講座でした。
体調を「経絡テスト」で確認し、その時に痛みやハリ具合を感じ取ったあとその部分を経絡ストレッチで緩和する実際の方法を教授いただきました。
経絡についての基礎理論もわかりやすく教示してくださいました。
  

実技ではペアワークもありましたが、経絡ストレッチ後の体の動きの変化に「うゎ~」とため息のような歓声のような声があちこちで聞こえてきました。
  

朝日山先生も、「手軽に実践してほしい」とおっしゃっていましたように、参加者自身、そして活動現場の対象者に自ら行う経絡ストレッチをぜひご紹介ください。

今回も、無事東京会場が終了しました。
遠方は、沖縄、岩手や新潟からご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

当日、設営から、撤収まで私たちと一緒に手伝っていただきました、高野さん、そして撤収でお手伝いいただきましたサポートの皆様ありがとうございました!

報告者:仲宗根涼子




2013.02.28

プチ元気kai!in沖縄(フォーラム報告)

高齢者・低体力者の運動指導者フォーラム
「プチ元気kai!in沖縄」

2013年2月10日(日)10:30~17:35
SOLA沖縄学園

2年に1度の沖縄会場での「プチ元気kai!」今年も沖縄本島だけでなく、宮古島からのご参加をいただきました。各クラスとも熱心に受講いただきました。

クラス1 10:30~12:30
~電話帳で一石二鳥~持久性と転倒予防トレーニングの同時実践
講師:竹尾吉枝 

参加者:19名
体を支える足に注目し、足裏と足関節の動きやその役割りの解説、そして電話帳などの段差を使ったトレーニング方法の教示と講義のパートが進みました。今までの固定概念が覆された参加者もいたのではないでしょうか?なるほど~と納得しながら、メモをとる参加者が多くしました。実践パートは電話帳を利用し持久性をねらい、リズミカルにかつシンプルに動く方法を教示があり、参加者自らがその効果を体感しながら進みました。
  

実際に体感したあとは、それを指導する練習です。
それぞれ指導者役、参加者役になり、教示方法を習得していきます。わかりやすく伝える言葉がけだけでなく、指導者の立ち位置、ツールの工夫や配置など細やかな配慮についても紹介がありました。

「早速、自分の現場でもやってみよう」「工夫次第で踏み台運動ができることがわかった」といった感想がありました。

クラス2 13:15~15:15
~転倒予防~セラバンドを使い込むテクニック
講師:竹尾吉枝

参加者 20名
2011年元気kai!で一足先に紹介されたクラスです。セラバンドを初めて手にされる参加者もおり、その特徴や基本的な取扱い方法も教示いただきながら、タイトル通り「使い込む」ためのテクニックを惜しみなく紹介いただきました。
まさに「目からウロコ」のような使い方に、参加者からも「なるほど~~」「セラバンド1つで指導の幅が広がります」と大変満足をされていました。
  



このクラスも自ら体験した後、指導の実際の時間がありました。
ペアワークではどうすれば正しく、うまく伝わるのか、お互い相談しながら指導練習を進めていました。

クラス3 15:35~17:35
こうすればできる!~高齢者指導に役立つ“体力測定”の実際~
講師:仲宗根涼子

参加者 15名
「体力測定」を普段現場で活用されている参加者が3分の1残りの3分の2は体力測定を実施する機会はなかなか無いといった参加者内訳でした。
イントロダクションでは、参加者側、測定者側それぞれの立場からの体力測定の意義・目的を伝えました。
実際の測定方法では、教示方法や、道具の取扱い方、配置の工夫など現場をよりイメージしながら紹介しました。
実践では、グループに分かれて測定を体験しました。
  



これを機に、現場指導の中に取り入れてみよう、今まで実施していたが、体力測定がとても楽しく実施できることがよくわかったなどの感想をいただきました。

2年に1度の「プチ元気kai!in沖縄」でしたが、どの参加者も自分の指導力、質の向上をめざし大変熱心に受講されていました。「また2年後楽しみにしています」と大変嬉しい言葉もいただきました。
今回の3クラスで習得したことを地域で実践いただければ幸いです。

会場準備や運営等、様々なご協力をいただきましたSOLA沖縄学園、そして職員の根間先生大変ありがとうございました!

報告:仲宗根涼子


2012.04.27

プチ元気kai!in福岡

「プチ元気kai!in福岡」
生涯健康・生涯現役を支援する~高齢者に役立つ運動指導法~

2012年3月18日(日)10:30~16:50
会場:アクシオン福岡(福岡県福岡市)
述べ参加者数:231人

福岡会場は、東京会場から、2週間後の開催です。
福岡会場は、東京会場にくらべ、今回初めて「プチ元気kai!」にご参加いただいた方が多かったです。
職種は、運動指導者をはじめ、介護予防に携わる自治体の職員の方、また、介護福祉施設で勤務されている方も多くご参加いただきました。

「プチ元気kai!」では、クラスの冒頭に必ず、参加者に向け、司会者より「元気か~い!!」の呼びかけがあり、それに「イエ~イ!」と答えていただくことが定例になっています。

最初のクラスから元気よく答えていただいた、福岡の皆様ありがとうございます!スタッフも気合い十分です。

当日の様子をレポートします。

クラス4:~転倒予防~セラバンドを使い込むテクニック
講師:竹尾吉枝(NPO法人1億人元気運動協会 会長)
受講者:80名

前半の講義の部分では、キーワードを熱心に書き込む姿が見られました。解説をはさみながら実技を紹介する時間は、“セラバンドは筋力トレーニングだけに使 うもの”といった固定概念にとらわれず、様々な利用方法や、イスとセラバンドを有効に使った実践を紹介いただき、参加者同士動きを確認する場面が多くあり ました。
後半は、“サーキットチェア”の紹介です。90BPMの音楽に合わせた、約10分間のエクササイズですが、指導者が多いだけに動きが揃うことも多く、講師、アシスタント含めた総勢83名の“サーキットチェア”は圧巻で一体感が生まれました。

クラス終了後は「さっそく、自分の現場で活用してみたい」「サーキットチェアをもっと勉強したい」などの感想をいただきました。

クラス5:~カラダの調子を整える~経絡ストレッチの実際
講師:朝日山一男(神奈川衛生専門学校専任教員)
受講者:80名

2008年に大阪会場、2009年に東京会場でご講義をいただき、大変好評を受けた講座を福岡でも開催することができました。
“経絡ストレッチ”を初めて見聞する方がほとんどの中、ツボや経絡の概論を身近な情報から、わかりやすく説明いただき、実技では、まず経絡テストで、自分のカラダの違和感を確認し、それを経絡ストレッチで解消していくことをご紹介いただきました。
参加者の様子を見ながら、講義を進行されるスタイルで多くの参加者と対話をしながら時間が過ぎました。
クラス終了後は、参加者のスッキリとしたまたほっこりとした雰囲気が漂っていました。ぜひ現場でもご活用ください。

クラス6:~いろは体操~イスに座って行うコアコンディショニング
講師:副島さと子(日本コアコンディショニング協会シニアスーパーバイザー)
受講者:71名

コア(体幹)への意識、アプローチの仕方を“骨盤底筋”の話を含め、実際の現場指導で挙がる参加者の声を紹介いただきながら講義は進みました。
先生の元気で明るい講義に、参加者も熱心に耳を傾けていました。
また「ストレッチポールOM」を使った“骨盤底筋”アプローチ実践では、「ほぉ~」「なるほど」とその感覚を体感していました。
「普段あまり意識することがなかったことを勉強することができた」「明日からでも自分の勤める施設で実践してみたい」といった感想をいただきました。

今回、キャンセル待ちのクラスもあり、ご参加いただけなかった方もいらっしゃいました。
たくさんのお申込みありがとうございます。
会員の方から、こんな嬉しい言葉をいただきました。

「プチ元気kai!に来ると、自分が元気になれる、そして学べる、それが私はいつも楽しみで参加するのです」

参加者全員にそう思っていただけることが理想ですが、これからも参加される皆様の対象者にすぐ活用いただける講座をお届けしたいと思います。

今回もご協賛いただきました株式会社明治様 株式会社ニッタバイオラボ様ありがとうございました。
そして、設営から撤収までサポートいただきました認定インストラクターの山村さん、坂井さん、そして小杉さん、河津さん、竹田さんありがとうございました!

報告者:仲宗根涼子

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

アクティブインストラクター

全国で活躍する認定インストラクターを紹介
あやらぎリハ(山口県)

これまでのアクティブ
インストラクター

カレンダー

«10月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ