活動報告

2014.07.28

チェアエクササイズ基礎講習in東京

チェアエクササイズ基礎講習
「サーキットチェア・インストラクター養成講座」で機能訓練を極めるin東京
2014年7月27日(日)11:00~18:00 会場:BumB東京スポーツ文化館(東京都江東区)

夏休みに入り電車にはディズニーランドへ向かう人々が大勢乗っている中、今年も暑いBumBへやってまいりました。
毎年恒例になった真夏のサーキットチェア・インストラクター養成講座in東京です。
今年は15名の方と一緒に、6時間の長丁場でしたが元気に講座を開催しました

今回はほとんどの方がすでにお仕事で集団運動指導のご経験があり、この機会に椅子座位での運動の理論や実際を学ぼうと参加されました。
前半はチェアエクササイズ、サーキットチェアの基礎理論としてガイドラインや科学的根拠などをご紹介しました。
サーキットチェアの教材(DVD・CD・テキスト)が手元に届いた時、中には「この運動は自分の現場ではできない」と感じた方もいたようでしたが、この教材をそのまま使うのではなく、対象者や環境に応じて、教材の内容を実際にはどのように活用するかの例を説明し、その内容の実技を体験していただきました。

休憩をはさんで後半は、明日からでもサーキットチェアを指導できるよう、指導法の実技演習を中心に進めました。
ペアでの指導演習は、何度も繰り返すごとに上達し、より実践に近い言葉がでるようになりました。
始めは次の動きの指示で精一杯だった方も、次第に動きの質を向上するための言葉がけなども出て、見違えるような指導でした。
最後は今日習得したことを発表する修了確認では、課題をしっかりとこなす皆さんの堂々とした姿がありました。

貴重な時間を共有し、達成感いっぱい!?の皆さんです。長時間、本当にお疲れ様でした!
今回のご参加ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています!
途中、すごい雷が鳴ってゲリラ豪雨が来ましたが、講座が終了する時間には綺麗に晴れ渡った東京でした

報告者:草山

2014.07.15

2014年度高齢者体力つくり支援士マスター資格講習会(竹尾吉枝の活動報告)

2014年度高齢者体力つくり支援士マスター資格講習会
2014年7月13日(日)13:20~16:35
「高齢者のチェアエクササイズ」
主催:(財)体力つくり指導協会

7月13日から2014年度高齢者体力つくり支援士マスター資格講習会が横浜市日産スタジアム内「横浜市スポーツ医科学センター」で開始しました。
今回からこの講習会は、「分散受講コース」と「連続受講コース」から選択することができます。コースの概要は次の通りです。
分散受講コース:開催日から受講希望日や講座を選択できるコース
連続受講コース:5日間連続で「講習+検定試験」がまとめて受講できるコース
関東圏の方は仕事の休みを利用して分散受講コース、関東圏以外の方は連続受講コースが良いのではないでしょうか?

スロートレーニングの石井直方先生(東京大)やスマートダイエットの田中喜代次先生(筑波大)はじめ国内屈指の講師陣が最新の講習、実技指導を行い、着実にレベルアップができる価値のある資格です。
私自身も本講習会で使用されるテキストや他の講座を聴講させていただき高齢者指導における大切なことをたくさんご教授いただきました。

今回も未来ある瞳がキラキラ輝いた若き指導者から、生涯現役をめざす人生の先輩まで年齢問わず参加されていました。最後の感想では「チェアエクササイズの実演は、思ったように動けないので、まだまだ練習が必要です」とのこと。動きの発現となる骨盤・脊柱の使い方がわかってきたからこそ、このような感想が出てきたと思います。
明日からすぐに、今日、学ばれたことを活用してほしいと思います。「失敗は成功の母。現場ほど学ぶものはありません」

写真は講座の様子です。詳細ついては次のURLにアクセスしてください。
http://sien.gr.jp/index.php

2014.07.15

「第94回健康運動実践指導者養成講習会」(竹尾吉枝の活動報告)

「第94回健康運動実践指導者養成講習会」

2014622日(月)13:1514:4515:0016:3016:4518:15
「エアロビックダンス」「エアロビックダンス」エアロビックダンス
主催:(財)健康・体力づくり事業財団

今年も健康運動実践指導者養成講習会の時期になりました。今年は会場が大阪府門真市にあるなみはやドームです。参加者は、いつもよりやや多めで約100名近い方が参加されました。

例年の会場(国際障害者交流センター(ビッグ・アイ))の半分の広さだったので、約100名の方が動けるかと心配でしたが、かえって一体感が増したり、参加者の表情などの様子が把握しやすかったり、立ち位置の前後をローテーションして空気を動かす工夫などが功を奏して、活気がある講習会にまとめられたように思います。

私のエアロビックダンスが実技講座の皮切りだったのですが、ペアワークなどを通して参加者間の親近感が増し、以降の講座も良い雰囲気で進んでいくように思える勉強熱心な参加者の方でした。

今回もフィットネス、体育関係者以外に医療従事者、介護・福祉関係の方も大勢参加されていました。日本の健康・体力づくりに寄与される人材がこの講習会で1人でも多く誕生されることを願っています。

実技試験まで約2カ月あります。教材のDVDもありますが、今日で陸上運動の試験要領は、ご理解されたと思うので、あとは練習し、本番を楽しく自信をもってチャレンジしてください。

毎年、健康運動実践指導者養成講習会は盛況です。今後、目指される方は次のURLまで、どうぞ。
http://www.health-net.or.jp/shikaku/index.html

2014.07.14

チェアエクササイズ基礎講習in兵庫(セミナー報告)

チェアエクササイズ基礎講習
「サーキットチェア・インストラクター養成講座」で機能訓練を極めるin兵庫
2014年7月13日(日)11:00~18:00 会場:西宮市民会館(兵庫県西宮市)

幸い台風は去りましたが、小雨の中兵庫会場でのサーキットチェア・インストラクター養成講座開催となりました
運動指導者・介護士・栄養士・理学療法士と実際に現場で高齢者や低体力者の方への集団運動指導を行っている方から、これから運動指導を始めたい、高齢者を元気にしたい、何か地域で貢献したい、という熱い想いを持ってご参加の方もたくさんいらっしゃいました。

基礎理論では、サーキットチェアの指導指針や指導者の具体的行動目標など、楽しいだけの運動を提供するのではなく、本当の介護予防を目指した運動指導のために心得ておきたいことをお伝えしました。そして、実際にリハビリ特化型デイサービスを想定した、約60分間のサーキットチェアクラスを体験していただきました。日頃やや運動不足の方もいらっしゃったようで、ほど良くお疲れの様子でした
サーキットチェアは要介護認定を受けた方の施設でも、メディカルフィットネスでも、また一般企業のメタボ予防・改善にも利用されているエクササイズです。実際に実践されている様子から、セミナー後に、今まで「高齢者だからできないだろう」「こんな動きは無理だ」と決めつけていた、との感想もありました。

後半は、現場指導のための演習をペアでどんどん行います。課題に沿って、何度も何度も指導をする内に、声も出て、相手の顔も見れるようになり、次第に現場をイメージした言葉がけが出来てきました。初めて指導に挑戦する方も、資料を片手に一生懸命にエクササイズを進めることができました。
最後の修了確認は、皆さんそれぞれに学んだことを何とか実践しようと、ほんの数分の指導でしたが、とても熱意のこもった指導でした。
今回学んだことを繰り返し練習し現場で実践することで、より理解が深まり、指導力の向上につながります。
失敗を恐れずに、どんどん挑戦していっていただきたいと思います。

長時間のご参加、誠にありがとうございました。またお会いできることを楽しみにしています!
そして、現場での指導の様子をぜひ教えていただければと思います。お待ちしていますよ~♪
皆様、お疲れ様でした!!!

報告:草山美佐子

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

アクティブインストラクター

全国で活躍する認定インストラクターを紹介
あやらぎリハ(山口県)

これまでのアクティブ
インストラクター

カレンダー

«7月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ