活動報告

2014.02.24

チェアエクササイズ基本講習in沖縄(セミナー報告)

2014年2月22日(土)14:00~18:30
チェアエクササイズ基本講習『チェアエクササイズ4時間セミナー』
2014年2月23日(日)10:00~16:30
チェアエクササイズ基礎講習『サーキットチェア・インストラクター養成講座』
会場:SOLA沖縄学園(沖縄県宜野湾市)

年に1度の沖縄でのセミナーを、今年もSOLA沖縄学園にて開催しました。
今年は同校生徒の参加がなく、沖縄県内の社会福祉協議会やメディカル・フィットネス、介護保険施設で運動指導・機能訓練を、担当する方が参加されました。多くの方が、すでに各現場で椅子座位の運動指導を行っているが、椅子座位の運動についてを学習したことはない、とのことです。
基礎理論では熱心にメモを取り、実技指導演習でも積極的にプログラム構成や指導手順を考える姿がみられました。
グループワークで一つの動きを創作し、強度・難度変化を考える場面では、活発に提案や議論が見られました。

沖縄会場の参加者の声です。
「セミナーは2回目の受講ですが、初回より理解度が深まりました。」
「イスでの運動を誤解していた部分があった。正しく伝えていきたい。」
「チェアエクササイズで、本当の意味での“楽しい介護予防”をやっていきたい。」
すでに現場で椅子座位運動の指導経験があるからこそのご感想だと思います。
是非、本セミナーで習得したことを現場で活用し、多くの方の健康・体力づくり、介護予防にお役立ていただきたいと思います。

2日目は急遽内容を変更し、「サーキットチェア・インストラクター養成講座」を開催しました。
ご参加の方々の職業から、現場に沿った基礎からの指導法を習得できる本講座に変更し、指導演習を中心に進めました。
教材(DVD・CD・テキスト)がついているので、講座修了後も繰り返し復習ができ、現場での指導経験を積みながら学習することができるので、これから本格的に集団運動指導を行う方にオススメの講座で、沖縄では初開催でした。


沖縄会場にご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
またお会いできますことを楽しみにしています!今後ともよろしくお願いいたします!
会場でご協力いただきました、SOLA沖縄学園と同校教員であり認定インストラクターのN先生、そして、サポートスタッフとしてお手伝いいただいた認定インストラクターYさんに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

いつも2月の開催時は寒い沖縄でしたが、今年は春のように暖かい2日間でした。
初めて食べた「フーチバーそば」、初めて知った「模合文化」、と沖縄初体験が色々あった今年のセミナーでした。
また来年お会いしましょう!ありがとうございました!

報告者:草山美佐子

2014.02.17

チェアエクササイズ基礎講習「サーキットチェア・インストラクター養成講座」in東京(セミナー報告)

チェアエクササイズ基礎講習
「サーキットチェア・インストラクター養成講座」で機能訓練を極めるin東京
2014年2月11日(火・祝)11:00~18:00 会場:スクエア荏原(東京都品川区)

今回の東京会場は14名で実施しました。
講座が始まる前から、不思議と初めて顔を合わす人たちの集まりとは思えないほど、落ち着いた雰囲気でした。
参加者は運動指導者だけでなく、管理栄養士、また自分の近親者のために介護予防として学びたいといった目的の方がいらっしゃいました。この講座は、チェアエクササイズ基礎講座ですので、基礎的な内容を1つ1つ確認していきます。

講座の前半は基礎理論とクラスデモを行います。
クラスデモは、「サーキットチェア®スタディシリーズ(DVD)」を教材に指導を展開しました。DVDの中身をそのまま実践するのではなく、どうやって活用していくのかを実際のクラス展開スタイルをお見せすることでイメージをしてもらいます。
参加者から「音楽無しの展開の仕方がよくわかった。これならすぐに、持ち帰って出来そうです」と感想がありました。

講座の後半は、実践練習、実践練習、そして実践練習の繰り返しです。
ペアワークを中心に進めます。課題ごとにペアも変わり、参加者役、指導者役の体験をします。
この場面でも、お互いによく意見交換ができており講座に対しての取り組みが非常に熱心でした。

実際に指導場面を想定した実技確認では、この数時間で学んだことを精一杯やってみようとする姿勢が見られました。講師を務めた私は「きっと現場に持ち帰っていただいたサーキットチェアはそれぞれの対象者に喜んでいただけるだろうな」と嬉しく思いました。

今回参加いただいた皆様が、この「サーキットチェア®」を活用し現場で益々活躍されることを応援しています!
昼休憩の様子です!和気藹々と意見交換されています。


最後の集合写真です。皆様ご参加ありがとうございました!


報告者:仲宗根

2014.02.02

第23期高齢者体力つくり支援士資格検定講習会(竹尾吉枝活動報告)

第23期高齢者体力つくり支援士資格検定講習会
2014年2月2日(日)13:20~16:15
「高齢者のチェアエクササイズ」
主催:(財)体力つくり指導協会

2月1日から第23期高齢者体力つくり支援士資格検定講習会マスターコースが横浜市日産スタジアム内「横浜市スポーツ医科学センター」で開始しました。私は2日目の2講座めを担当し、参加者数は約25名です。

今回は全体的に平均年齢が高めで、80歳代の男性も参加されていました。また、包括支援センターの方や理学療法士などと高齢者の健康づくりに関わる広域な職種の方が参加されていました。

高齢者のチェアエクササイズの実際(マスタークラス)の終了後、今日の講座内容の修正をしました。音楽に同調したチェアエクササイズも色々なねらいや期待できる効果がありますが、今回の参加者が対象とされる受講生の方は、介護保険施設や二次予防、地域の生きがいづくりと低体力な高齢者を対象とされる場合がほとんどのようでした。
「わかりやすく伝える」ということを主体に、エクササイズは連続的でなく断続的で構わないので、『伝える(フィードフォワード)→実践→観察→伝える(フィードバック)』という流れを強調しました。フィードバックは、受講生の状況を判断し、いっぱい伝えるのではなく、必要なことのみ。場合によっては「“OKです!その調子”とアイコンタクトをし、相手の存在を承認することが重要です」ということをお伝えしました。

新年度から、この高齢者体力つくり支援士資格検定講習会マスターコースは、連日の開催ではなく、土日などの週末の分散開催になります。講習開催を分散させることで、就業者にとっては、比較的参加が容易になるのではないかと思います。また、受講料も現行より値下げで、さらに高齢者の健康体力づくり支援活動に寄与できる人材を拡充するねらいだそうです。

本講習会は、高齢者の健康・体力づくりの一流の研究者や実践専門家によって多様的な講座で構成されています。短期間に集中して受講できる希少な講習会と思います。
新年度からも多くの方の参加を期待しています。写真は講座の様子です。後姿からは、年齢不詳です(笑)。
次回の講習会は2014年夏です。詳細ついては次のURLにアクセスしてください。
http://sien.gr.jp/index.php

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

アクティブインストラクター

全国で活躍する認定インストラクターを紹介
宮里裕子さん(沖縄県在住)

これまでのアクティブ
インストラクター

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ