活動報告

2013.02.28

プチ元気kai!in沖縄(フォーラム報告)

高齢者・低体力者の運動指導者フォーラム
「プチ元気kai!in沖縄」

2013年2月10日(日)10:30~17:35
SOLA沖縄学園

2年に1度の沖縄会場での「プチ元気kai!」今年も沖縄本島だけでなく、宮古島からのご参加をいただきました。各クラスとも熱心に受講いただきました。

クラス1 10:30~12:30
~電話帳で一石二鳥~持久性と転倒予防トレーニングの同時実践
講師:竹尾吉枝 

参加者:19名
体を支える足に注目し、足裏と足関節の動きやその役割りの解説、そして電話帳などの段差を使ったトレーニング方法の教示と講義のパートが進みました。今までの固定概念が覆された参加者もいたのではないでしょうか?なるほど~と納得しながら、メモをとる参加者が多くしました。実践パートは電話帳を利用し持久性をねらい、リズミカルにかつシンプルに動く方法を教示があり、参加者自らがその効果を体感しながら進みました。
  

実際に体感したあとは、それを指導する練習です。
それぞれ指導者役、参加者役になり、教示方法を習得していきます。わかりやすく伝える言葉がけだけでなく、指導者の立ち位置、ツールの工夫や配置など細やかな配慮についても紹介がありました。

「早速、自分の現場でもやってみよう」「工夫次第で踏み台運動ができることがわかった」といった感想がありました。

クラス2 13:15~15:15
~転倒予防~セラバンドを使い込むテクニック
講師:竹尾吉枝

参加者 20名
2011年元気kai!で一足先に紹介されたクラスです。セラバンドを初めて手にされる参加者もおり、その特徴や基本的な取扱い方法も教示いただきながら、タイトル通り「使い込む」ためのテクニックを惜しみなく紹介いただきました。
まさに「目からウロコ」のような使い方に、参加者からも「なるほど~~」「セラバンド1つで指導の幅が広がります」と大変満足をされていました。
  



このクラスも自ら体験した後、指導の実際の時間がありました。
ペアワークではどうすれば正しく、うまく伝わるのか、お互い相談しながら指導練習を進めていました。

クラス3 15:35~17:35
こうすればできる!~高齢者指導に役立つ“体力測定”の実際~
講師:仲宗根涼子

参加者 15名
「体力測定」を普段現場で活用されている参加者が3分の1残りの3分の2は体力測定を実施する機会はなかなか無いといった参加者内訳でした。
イントロダクションでは、参加者側、測定者側それぞれの立場からの体力測定の意義・目的を伝えました。
実際の測定方法では、教示方法や、道具の取扱い方、配置の工夫など現場をよりイメージしながら紹介しました。
実践では、グループに分かれて測定を体験しました。
  



これを機に、現場指導の中に取り入れてみよう、今まで実施していたが、体力測定がとても楽しく実施できることがよくわかったなどの感想をいただきました。

2年に1度の「プチ元気kai!in沖縄」でしたが、どの参加者も自分の指導力、質の向上をめざし大変熱心に受講されていました。「また2年後楽しみにしています」と大変嬉しい言葉もいただきました。
今回の3クラスで習得したことを地域で実践いただければ幸いです。

会場準備や運営等、様々なご協力をいただきましたSOLA沖縄学園、そして職員の根間先生大変ありがとうございました!

報告:仲宗根涼子


2013.02.14

第21期高齢者体力つくり支援士資格検定講習会(竹尾吉枝活動報告)

第21期高齢者体力つくり支援士資格検定講習会
2013年2月2日(日)14:00~15:15
「高齢者のチェアエクササイズ」
主催:(財)体力つくり指導協会

本日から第21期高齢者体力つくり支援士資格検定講習会が横浜市日産スタジアム内「横浜市スポーツ医科学センター」で開始しました。私は1日目の2講座めを担当し、参加者数は約30名です。

1講座目は、木全 克己先生 (あま市レクリエーション協会 会長)の高齢者のアクティビティ支援法だったので、受講生同士に親近感があります。さすが、木全先生。木全先生の講座は、単なるレクリエーションではなく、高齢者&低体力者対象の支援者・運動指導者の在り方や、相手を思いやる(支援する)考え方をも学習できるので、木全先生が最初にご担当されると受講生の取組む姿勢が変わります。ですから木全先生の後は、大変講座が進め易くなります。

今回も下は20代から上は70代までと年齢差がある受講生でしたが、時間が経過するごとに表情が真剣になっていくのが感じられました。70代の男性は現在、東北大震災被災地で、運動のボランティア活動をされており、そのためチェアエクササイズを期待しているとのことでした。

しかし、それらの会場はイスがなく、畳の上などに座った姿勢で運動をしているので、どのようにチェアエクササイズを活用すれば良いかとの質問でした。
長座姿勢は腰に負担がきやすいので避けたい姿勢です。座布団はあるとのことでしたので、「では座布団を2つ折りにし、それに馬乗りの状態で正座してください。枚数に余裕があれば2枚使い2つ折り座布団を重ねてください。そうすることで、膝に負担なく正座ができます。床から高さがあるので、坐骨を座布団に突き刺し骨盤を立てることも可能です。骨盤の後傾・中立・前傾の動きも出せます。チェアエクササイズのレベル1の上肢の動きや中にはレベル3の体幹の重心移動も可能です。坐骨の左右への移動(お尻歩き)もできますね」と提案しました。
「さっそくやってみます!」とのことでした。

その男性は、人の役に立つことに生きがいを見出されています。全身から探究心とやる気がみなぎっていました。人を幸せにできることを見つけた方こそ、自分自身も幸せになるのだなと教えていただいたような気がします。

写真は講座の様子です。

2013年度の講習会については次のURLにアクセスしてください。
http://sien.gr.jp/index.php

2013.02.12

チェアエクササイズ基本講習in沖縄(セミナー報告)

チェアエクササイズ基本講習
「チェアエクササイズ4時間セミナー」&「チェアエクササイズ・インストラクター養成講座」で
介護予防を極めるin沖縄
2013年2月9日(土)、11日(月)
会場:SOLA沖縄学園(沖縄県宜野湾市)

例年に比べ、SOLA沖縄学園学生の皆さんの受講が多い年でした。学生21名、一般参加者17名、計38名の方にご参加いただきました。
チェアエクササイズの基礎理論に始まり、チェアエクササイズのデモレッスン、そしてグループに分かれての指導練習とメインパートのプログラムづくりと4時間のセミナーは内容濃く、あっという間に時間が過ぎます。
 
デモレッスンでは、学生の皆さんのはつらつとしたかけ声に一般参加の社会人の方も大きな声で実践され、活気あふれるデモレッスンとなりました。プログラムづくりでは、一般の方も学生の皆さんもそれぞれの個性を出し、各グループでオリジナルのチェアエクササイズが完成しました。
 


実施後には、学生の一人からは「社会人の方と一緒に講義を受けることはめったにないので、講義内容以外でも、大変勉強になりました。」ととてもフレッシュな感想もいただきました。

今年は長寿の座を他県に譲っている沖縄県ですが、大変長寿な地域です。
今回、実践し習得したチェアエクササイズを一人でも多くの高齢者の方にお伝えし、ますますの健康長寿になりますよう応援しています。


毎年、この時期に訪れる講師の竹尾先生からは、「沖縄は思っている以上に寒い」と聞いておりましたが、本当に寒かったです。なるだけ、軽装でとジャンパーを持たずに行ってしまったことに後悔しました・・・(泣)

報告者:仲宗根涼子

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

アクティブインストラクター

全国で活躍する認定インストラクターを紹介
宮里裕子さん(沖縄県在住)

これまでのアクティブ
インストラクター

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ