活動報告

2012.05.29

平成24年通常総会

平成24年通常総会
開催日:平成24年5月27日(日)
会場:なみはやドーム(大阪府門真市)
出席者数:通常総会(40名)、事例発表(42名)、ワークショップ(53名)

今年も年に1度の通常総会を迎え、正会員の皆様には多数ご出席をいただきました。
欠席の皆様にも委任状をお送りいただき、無事定足数を満たし、総会を開催する運びとなりました。

11:00~11:30
平成24年通常総会
平成23年度の事業報告ならびに平成24年度の事業計画を、竹尾会長よりご報告しました。
23年度も定例のセミナーや元気kai!を各地で開催することができ、課題であった集客向上についても改善策を講じた結果、少しずつですが成果を得られていることを報告することができました。
決算報告では、各部門別の収入・支出・収支差額とその部門毎の事業内容などを、常務理事の草山よりご報告しました。
皆様の御蔭をもちまして、平成23年度も順調に協会を運営できましたことを心より感謝申し上げ、引き続き24年度も活発に活動し、邁進していく所存であることをお伝えしました。
  

最後に竹尾会長より、「知ってやるのと、知らないでやるのは大違い」というお話がありました。
物事の本質を知り、それに沿って行動することと、何も知らないで行動することは、同じ行動でも得られる効果・成果は大きく違います。些細な情報でも「知っている」と「知らない」との違いで、最後には大きな差が生まれます。
何事にも興味を持ち、その情報から得られる新たな情報をつないで、自分を高めていければと感じました。
そして、その情報を会員の皆様と共有できる協会でありたい、そう感じた言葉でした。

全議案において承認をいただき、無事総会は終了しました。
総会の様子については、また会報「E.E.O.A.Topics夏号」でご報告する予定です。


12:10~12:55
事例発表『リハビリ特化型デイサービスの実際~サーキットチェアRを導入して~』
総会後は毎年会員の中から日頃の活動を発表していただく「事例発表」です。
今年は、大阪府交野市でリハビリデイサービスで機能訓練を担当する、吉本聡子さん(認定サーキットチェア・インストラクター)と所長の長谷川昌代さん(認定サーキットチェア・インストラクター)に発表していただきました。
お二人は、数年前にチェアエクササイズ4時間セミナーに参加され、2年前の夏に本格的にサーキットチェア・インストラクターとなられました。
元々デイサービスを運営されていたのですが、これからは介護状態になる前に「いつまでも自立した生活ができる体力」をつけることが重要と感じ、リハビリデイサービスの開設を決断され、その中での運動としてチェアエクササイズを選ばれました。
非常に綿密に運動プログラムを計画され、そのアセスメントも多方面からしっかりと行っている様子が発表されました。
実際に施設を見学させていただいた際にも、要支援1~2の方々が、サーキットチェアRをCDの音楽(90BPM)にあわせて、しっかりとそして楽しそうに行っている様子を拝見し、とても感動したことを覚えています。
  

リハビリ特化型デイサービスは、これからどんどん増えていくと予想されますが、マシンを使わずこれだけしっかりと運動プログラムが組まれている施設なら、利用者様もきっと効果を実感し喜ばれていることと思います。
吉本さん、長谷川さん、貴重な現場の様子やプログラム内容を発表いただき、本当にありがとうございました!そして、応援でかけつけられた施設スタッフの皆様もありがとうございました!

14:00~16:00
ワークショップ『高齢者の心と身体を元気にする~ケアリング・ヨーガ~』
講師:日本ケアリング・ヨーガ療法協会 岩田昌美先生、布施多美恵先生
昨年の台風とは打って変わって、快晴の総会当日を迎え、今年は無事にワークショップも予定通りに開催することができました。
今年は、デイサービスセンターなど介護保険施設や医療施設で、高齢者や低体力者を対象にヨーガを指導しておられる、日本ケアリング・ヨーガ療法協会の先生方をお招きしました。
一般的なヨーガのイメージは難しいポーズや辛い姿勢ですが、ケアリング・ヨーガは“ケアとしてのヨーガ”であり、高齢者の方でもご自分の体調に合わせてマイペースでできるヨーガなのです。

始めに岩田昌美先生より、ケアリング・ヨーガの概要、高齢者施設での指導の様子などをご講義いただきました。
間に呼吸法の体験があり、参加者の皆さんも先生の言葉に沿って、呼吸をするにしたがって身体の力が抜けて、とてもリラックスした心地よい空気に包まれました。
また認知症予防としても活用されているそうで、脳へのアプローチから様々な効果が研究されていることを教えていただきました。
  

後半の実技体験では、布施先生より高齢者施設で実際にされている内容をご指導いただきました。
一つ一つの動きを必ず無理をさせずに、それぞれのペースで、落ち着いてできるよう、工夫された指導手順と選ばれた言葉がけがとても印象的でした。
一般的なヨーガと違い、自分が心地よくやりやすいように行えて、「これなら私にもできる」と思わせてくれるヨーガでした。
  

総会からご出席の会員の皆様には、とても長時間となりましたが、最後までご参加いただき、誠にありがとうございました。
平成24年度も更なる飛躍を目指し、邁進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします!!!

報告者:草山

2012.05.24

平成24年 通常総会開催します

平成24年通常総会を今週末5月27日(日)に迎えます。
総会では23年度の事業報告、24年度の事業計画をNPO法人1億人元気運動協会会員の皆様に報告いたします。
総会後は日本ケアリング・ヨーガ協会の講師を招へいし「ケアリングヨーガ」のワークショップを開催します。

2012.05.23

チェアエクササイズ基本講習in兵庫

チェアエクササイズ基本講習
「チェアエクササイズ4時間セミナー」&「チェアエクササイズ・インストラクター養成講座」
介護予防を極めるin兵庫
2012年5月19日(土)、20日(日)
会場:西宮市民会館(兵庫県西宮市)

今回は初めての兵庫県西宮市での開催でしたが、なんと一番遠方の方で北海道からご参加くださった方がおられ、1日目の4時間セミナーは36名参加でした。
運動指導者の方が多かったのですが、特徴的だったのは医療施設や介護保険施設に所属し、リハビリや機能訓練の指導を担当する運動指導者の方がほとんどだったことです。
日頃、入居者や利用者、患者の方々に指導をされているので、座位での運動を「極めたい」と思う気持ちが、熱心に受講される姿勢に表れていました。

そんな皆さんは、すでにチェアエクササイズのDVDなどをお持ちで、現場で指導はしているものの「我流になってしまう」「なかなかうまく動いてもらえない」といった悩みから、この機会にしっかりチェアエクササイズのガイドラインや独自の指導法を習得しようと思われたそうです。
アンケートでは「次からの指導に光を見たような気持ちです」「利用者様に喜んでいただけるよう、頑張ります」などのご感想をいただきました。
4時間セミナーでは、詳しいガイドラインとともにチェアエクササイズの動きの構成方法を紹介しています。動きを構成し強度を調整する演習はグループワークで行います。4人グループになって、いざ動きをつくる段階になると、さすが!現場で指導されている方からは、バリエーションに富んだ動きが飛び出しました。基本の動きから強度を上げたり下げたりと、即活用していただける構成方法を楽しく学んでいただきました。
   

2日目は認定取得を目指す方のための、インストラクター養成講座です。今回は7名の方が参加されました。
今までの指導経験から更に高齢者指導へと専門的な知識・技術を習得していただく1日です。
4時間セミナーの内容から、新たに各エクササイズパート毎の動きの構成・指導手順の確認を行い、各自が1つのクラスを構成できるように実技練習を進めました。
午前中は実技試験へ向けて、頭も身体もフル回転の7名でした。
午後からは筆記試験、そして午前中の成果を発表する実技試験と、緊張しながらも力を存分に発揮され、インストラクター養成講座を終了しました。
ご参加の皆さん、長時間大変お疲れ様でした!この2日間で得たものを、是非現場で活用していただきたいと思います。ご参加、誠にありがとうございました!!またお会いできる日を楽しみにしています!
  
神戸を中心に活動する認定インストラクターMさんには、4時間セミナーのサポートスタッフとしてご参加いただきました。ありがとうございました!

各種ご依頼はこちら


※次のページは(株)元気サポートのWEBサイトへリンクします。

講演・人材教育
指導者派遣
エクササイズ・ツール制作、監修
オンラインショッピング

会長 竹尾好惠の活動報告

竹尾好惠の最新レポート

アクティブインストラクター

全国で活躍する認定インストラクターを紹介
宮里裕子さん(沖縄県在住)

これまでのアクティブ
インストラクター

カレンダー

«5月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ